Diary from Tokyo

東京都在住。ジャンルを特に決めず、思ったことを書いていきます。

白ゆき姫殺人事件

湊かなえさんの『白ゆき姫殺人事件』を読みました。

今更ですか?という感じだと思いますが、はい。

 

後半1/3くらいが、SNSや雑誌の記事になっており、

本文と交互に読ませることで、謎を解いていくお話と

いうものを初めて読みました。

 

そして、読み終わってから、よくわからない箇所が

いくつかあったので、ネットで検索をしたところ、

このお話は、だいぶ前に映画化されていたことを

知りました(本当に遅すぎます)。ただ、配役を知ら

ないで原作を先に読んでよかったかなと思います。

配役を知ってしまうと、どうしても読みながらその

俳優さんや女優さんが浮かんでしまうので。

 

原作を自分の想像の登場人物像で読んだ後、配役を

見て、『白ゆき姫』は菜々緒さんですが、確かに

誰もが納得せざるをえない美人としてはそうだなと

思いました。私の頭の中では、菜々緒さんは、

さばさばした印象があるので、もう少し良くも悪くも

艶っとした女っぽい感じを想像していました。

 

主役の井上真央さんも、かわいすぎるかなーと。

演技がお上手なので、きっとすごく上手に地味な女性を

演じられているだろうと思いますが、顔のつくり自体が

もっと地味な人を想像していました。

 

殺人事件そのものよりも、SNSと無責任な記事と、周りの

人間の本音がこわかったです。

嫉妬と自己顕示欲が本当にこわい。。。

 

Amazonで見られるみたいなので、時間があったら映画も見て

みたいと思います。