Diary from Tokyo

東京都在住。ジャンルを特に決めず、思ったことを書いていきます。

苗字の選択

夫婦別姓についてよく話題になりますが、今日は、苗字の選択に

ついて書きます。

 

結婚後、片方が配偶者の苗字を名乗っていた場合、離婚をすると、

旧姓に戻るのが原則で、届を出すことにより配偶者の苗字を名乗り

続けることができます。配偶者の許可等は(法律上は)いりません。

 

子供がまだ成人していない場合で親権を取る場合、子供は基本的に

そのままの姓を名乗りますので、親子で苗字が変わってしまうことが

あります。そこで、あえて別れる配偶者の姓を名乗り続けることを

選択し、届出をする人が多いと思います。この届出をしてから旧姓に

戻りたい場合には、家庭裁判所の許可を要します。

 

旧姓に戻ること、配偶者の苗字を名乗り続けることには、それぞれに

メリット・デメリットがありますが、配偶者の苗字を名乗り続ける

ことの本人の最大のデメリットは、もし、その後再婚し、また離婚した

場合には、配偶者の苗字と、再婚して離婚した配偶者の苗字のどちらか

しか選べず、自分の旧姓にはもう戻れない点だと思います。

 

配偶者側のデメリットは、別れた相手が、いつまでも自分の苗字を

名乗り続けることだと思います。離婚理由にもよりますが、配偶者が

再婚しても、別れた相手が自分の苗字を名乗っているという現状は、もう

その別れた相手に対して、なんの法定な義務がなかったとしても重いと

感じるかもしれません。配偶者の再婚相手もわかっていて結婚するはず

とはいえ、いい気持ちはしないでしょう。

 

事実婚であれば、原則として子供の親権者は「母」である妻となり、親権も

妻となり、通常は母親の姓を名乗ることになります。

別れたとしても、母親が親権を取ることが多いので、上記のようなモヤモヤ

を持つ可能性は少ないかと思われますし、結婚は家同士のつながりでも

ありますので、事実婚で法律上のつながりがなければ、「家の嫁」として

義親兄弟のことを考えなくていいのもメリットだと思います。

ただし、法律的な配偶者としての一定の権利は認められないというデメリット

がありますし、世間ではまだまだ「ワケアリ」と考えられがちなところが

あります。

 

「いいとこどりはできない。」とよく言われますが、戸籍上の結婚も、

事実婚もそれぞれメリット・デメリットがあるということになります。

ただ、どんな選択をしても、そのカップルが互いに幸せであればいいの

ではないかと思いますので、それぞれのメリット・デメリットは享受した

上で、多様な選択が認められるようになるといいなと思います。